HOME>Review>歯科治療を受けた人が教える|気づきにくい歯周病の初期症状

歯科治療を受けた人が教える|気づきにくい歯周病の初期症状

治療

歯周病を放っておくと悪化して大切な歯を失うことになりかねません。歯茎から出血があるなど自覚症状がある場合は歯医者を受診することがおすすめです。実際に歯周病の治療をした人の話を聞いて、早めの歯医者受診を心がけましょう。

この話題の口コミ

歯茎が腫れたら注意した方が良いですよ

食事の最中に歯茎が痛くなる事が増えてきて、これは口内の病気かもしれないと考えて、歯茎の状態を鏡でチェックしました。その際に歯茎が大きく腫れているように感じて、町田の歯科で検査を行ってもらい、自分が歯周病を患っている事が分かりました。もっと早い段階で検査を受けておけば、ここまで歯茎が腫れる前に対処ができたと考えると、少し痛みを感じた段階で歯科に足を運ぶべきだったと後悔しています。治療を始めるのが少し遅かったので、歯磨きをするたびに歯茎に強い痛みを覚えるようになっていました。町田の歯科で治療を進めてもらっているうちに、歯茎の痛みも感じにくくなり、デンタルケアの効果が出たおかげで歯周病の原因菌に対処できています。
【40代 男性】

歯茎からの出血は安易に考えない方が良い!

歯周病を患ってしまった際には、適当に歯磨きをしているだけでも、歯周病には対処できると最初は考えていました。しかし歯茎からの出血や歯茎の腫れも悪化してくると、このままでは危険かもしれないと不安になり、自分が助けを求めたのが町田の歯科です。歯茎から血が出る際に、血管の内部に歯周病の原因菌が入り込んだのも、歯周病が悪化した原因の一つだと教えてもらえました。心臓に歯周病の原因菌が届いてしまうと、血管や心臓の病気を引き起こす事もありえると教えてもらえて、歯周病とても怖い病気だと勉強になりました。町田の歯科で歯周病の治療を始めてからは、歯茎からの出血量も大幅に減らせており、このまま歯周病を完治させる事ができそうです。
【40代 女性】