HOME>Review>歯科治療は早めが大事!虫歯になったことがある人の声

歯科治療は早めが大事!虫歯になったことがある人の声

診察室

予防歯科が大切という話はよく聞きますが、ついつい後回しにしてしまいがちな歯医者への通院。しかし、後回しにして痛みが出てから治療を始めると大切な歯を抜かざるを得ない場合もあります。虫歯治療を行なったことがある人に治療の詳細を聞いてみました。

この話題の口コミ

危うく抜歯が必要になる一歩手前でした

転勤で名古屋に異動してきました。仕事が忙しくて休日は家で過ごすことがほとんどでしたが、歯が何となく痛い気がしていました。しかし、しばらく様子を見ようとすぐに歯科を受診しませんでした。しかし、その判断が失敗でした。しばらく経ったある日、奥歯がじんじんと痛くなってきました。急いで近くにある歯科を受診しました。その結果、虫歯が歯髄に達しているという診断でした。まずは神経を抜く治療をすることになりました。しかし、かなり進行した状態であると言われました。治療後に歯茎が腫れてきた場合などは、歯の根元にまで虫歯菌が進行してしまっている状態なので、抜歯するしかないという説明でした。幸いにも治療後には痛みもなく問題ありませんでしたので、抜歯はしなくて済みました。このことから、歯に痛みがある場合はすぐに歯科を受診すべきだったと実感しました。偶然にもこの病院は予防歯科も行っているようで、名古屋にいる間は定期的に通いました。
【20代 男性】

痛くなってから気づいたけど結構進行していたみたい

ある日突然歯に痛みがある事に気が付きました。仕事の都合で名古屋に1か月だけ出張にいる時だったので、一番職場に近い歯科に予約の電話を入れ、次の日の仕事終わりに診てもらえる事になりました。診察の結果、親知らずが虫歯になっていましたので、すぐに抜歯してもらいました。しかし、抜いた歯を見てびっくりしました。歯は2つに割れており、虫歯の部分は黒く変色していまいた。先生の話では虫歯でもろくなっているので、抜くときに自然と割れてしまったと説明を受けました。かなり進行していた虫歯だったようで、親知らずでなければ治療が大変だっただろうなと素人でも分かりました。やはり、痛くなってから歯科に行くのではなく、定期的に診察を受けておくべきだったと後悔しました。仕事から出張が多いので、長期で行く場合は事前に歯科を調べておくようにしています。
【20代 男性】